profile 代表プロフィール

代表プロフィール

■20代前半〜現在までの活動の要約

「不動産とテクノロジーを通じて、誰もが快適に住み続けられるためのサービスを創り続ける」というミッションと「社会に価値を与えられるまちづくりカンパニーとなる」というビジョンを掲げて活動をし続ける、不動産業界専門のマーケター。不動産会社や不動産関連メディアを運営する会社のマーケティング支援を通して、認知獲得や業績向上をサポート。空き家再生や地域PRなどのまちづくり支援を行っている。また、「不動産の売主様が損をしない世界を創る」目的で、不動産の売主様に販売利益の一部を還元する業界初の利益還元型の不動産売却・買取マッチングサービス「いえうるん」を運営している。2021年12月からJKASの社外CMOとして、マーケティング支援を行っている。※株式会社サプライズコンシェルジュは、SDGsの「11.住み続けられるまちづくりを」に積極的に取り組んでおります。

私立大学卒業後、2012年12年に株式会社不動産SHOPナカジツに入社して不動産売買仲介の営業を6年経験して、不動産売買取引約100件経験、月間MVPを獲得。2017年2月に退職後は自営業として、Youtube広告運用、ブログサイトの運営、サイト制作、不動産会社の運営を行う。2019年9月にリビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場企業)にリーダーとして入社して同期と2人で名古屋支社の立ち上げを行い、新規営業、約200社の不動産会社のCS業務、新規商品開発、Webマーケティング業務を行う。2021年3月に退職後の現在は株式会社サプライズコンシェルジュの代表取締役として、デジタルマーケティング支援、メディア運営、まちづくり支援、不動産買取・不動産売買仲介・不動産管理などを行っている。2021年12月からはJKASの社外CMOに就任。

■誕生〜現在までの活動内容

このプロフィールでは、代表の沖 祐生のすべてを紹介いたします。私は1989年5月30日に愛知県名古屋市熱田区で生まれて、愛知県春日井市高蔵寺にて6歳まで育ちました。

決して裕福な家庭ではありませんでしたが、不自由なく暮らすことはできていました。そして、7歳になる前に愛知県名古屋市熱田区へ引っ越しをして、小学生となりました。

小学校3年生になると友人の誘いもあり、サッカー部とクラブチームに入りました。サッカーにとても夢中となり、段々とサッカー選手を目指すようになりました。

サッカーを頑張っていると、ある時、父方の祖母に「将来は経済、株、不動産の勉強をしなさい」を言われました。言われた時はまだ小学生だったので、何を言っているのかよくわかりませんでしたが、中学生になると子供なりに不動産って暮らしを豊かにしてくれる素晴らしい資産なんだと感じるようになりました。

ただ、中学生の時もサッカーを続けており、サッカーの強豪校でもあったこともあり、毎日サッカー漬けで変わらず、サッカー選手を目指していました。

本気でサッカーと向き合っていたこともあり、中学2年生の時に名古屋市選抜代表として活動したり全国中学校サッカー大会に参加したりと、先輩は厳しく決して楽ではありませんでしたが、それなりに充実したサッカーライフを過ごしていました。

高校生でもサッカーを続けて、変わらずサッカー選手を目指していました。しかし、高校2年生になり、スランプから抜け出せないでいた最中に静岡県の強豪と試合をすることになった時のことです。

相手のあるMFにドリブルで抜かれた瞬間に「これは努力だけでなく、才能もある」と強く感じたことをきっかけにサッカー選手を目指すことをやめました。自分では、J1選手や日本代表選手になるのは厳しいと悟ってしまったのです。

10年間サッカー選手を目指していたので、蝉の抜け殻のようになり何をすれば良いかわからなくなりました。ただ、何か行動をしなくてはいけないと感じ、興味のある経営、ファッション、マーケティング、自己啓発などの本を読みあさり、自分なりに自分磨きをいたしました。

高校へは特待生として入学したこともあり、高校3年の夏頃まではサッカーを続けました。(この時はもっと真面目にサッカーを続ければよかったと少し後悔しています)

大学生になると、経営学とマーケティング学の授業に夢中になり、実際にいろんな経営者から直接、経営の話を聞いて学びたいと感じるようになりました。

気になった経営者に電話でアポを取ったり、アポ無しで会いに東京へ行ったりもしました。ただ、会うだけではいけないと、営業力を磨くために、飛び込み営業や人材派遣会社でマネジメント業務を行い、自分が人生で何を成し遂げたいのか日々、自問自答していました。

大学生のうちに人生の方針は決まらず、魅力だと感じたベンチャー企業に入社をして、社長のカバン持ち・ベトナム進出支援のアテンド・リフォーム営業・不動産賃貸の営業の仕事を行いました。社長のカバン持ちと聞くと聞こえは良いですが、社長の身の回りのことはなんでもやる大変な仕事でしたので、いま思えばとても貴重な体験でした。

必死に働くも半年で倒産してしまい、地元の愛知の株式会社不動産SHOPナカジツへ不動産売買仲介の営業マンとして転職しました。

愛知県豊田市の店舗に配属となり、3年目に岡崎市の店舗へ異動して岡崎市や名古屋市のエリアを担当することになりました。

4年目になると後輩も増えて、後輩の育成やチーム全体の数字を強く意識するようになり、より責任感を持って仕事に取り組んでいました。

5年目には自分自身の数字はもちろんですが、チームの数字も達成すれば、支店長候補として話が上がると直属の上司から話をいただきました。また、約100人の営業の中から月間MVPを取得することもできて順調にキャリアが進んでいると感じていました。

しかし、5年目に達成することができず、今の環境から自分を変えないといけないと感じるようになりました。そして、経営の本を読んだり、経営セミナーに参加したりするようになり、独立起業をより強く意識するようになりました。

そして、6年が経ったタイミングで退職届を直属の上司に提出して、直属の上司をはじめ、お世話になったたくさんの方へご挨拶をすませて退職をいたしました。社長と1対1で退職の意向を伝えたときは、人生で1番ぐらい泣きました。それぐらい、いろんな感情が溢れてきて、感情を抑えることができませんでした。

本当にお世話になった会社なので、今でもお付き合いいただけていることにとても感謝しております。

会社を辞めて、さあ独立だ!と意気込みはよかったのですが、人生は甘くありませんでした。退職後の税金地獄、立ち上げたイベントプロデュース業がまったく儲からない。差し押さえ一歩手前の状態になるなど、貴重な経験をすることができました。

ここの部分を話すととても長くなるので省略をいたしますが、友人の会社で不動産買取、不動産売買仲介の手伝いをすることでなんとか生活ができるようになりました。

ただ、ずっとこのままではいけないと、ブログ運営、広告運用、プログラミングの学習、サイト制作、ライター、記事編集者など、IT関連の仕事をメインに2年ほど経験を積みました。

そして、独立するか一度、IT企業に入り修行するか迷っていたときに、ある不動産テック関連の上場企業からメールをいただき、一度、就職することにいたしました。

不動産テック関連の上場企業では名古屋支社の立ち上げを同期の2人と行い、同期の支えもあり不動産会社の取引先を約100社増やすことができたり、新規商材の開発を経験させていただいたりと貴重な経験を積むことができました。

また、200社以上の不動産会社の担当して、不動産売却査定の勉強会やロープレのお手伝いを通算100回以上させていただきました。

そして、約1年半勤めて、後輩に引き継ぎを行い、株式会社サプライズコンシェルジュ代表取締役として独立いたしました。

独立した想いとしては、主に2つ理由があります。1つ目は、自分自身に幸せをもたらせてくれた不動産を通して、社会に価値提供をしなければという想い。2つ目は、前職で取引先である不動産会社約200社の担当をさせていただき、Web集客の仕組み化の悩みがある不動産会社が多いということを強く感じたためです。

当社のメイン事業でもある、不動産業界専門のデジタルマーケティング支援を通して、不動産業界をよりクリーンにすることと、誰もが快適に住み続けられるためのきっかけになることを信じております。

株式会社サプライズコンシェルジュは驚きの価値を提供する集団として、下記のミッション、ビジョン、バリューを軸に不動産業界専門のデジタルマーケティング支援、不動産関連メディアの運営、まちづくり支援、不動産買取・不動産売買仲介・不動産管理等の事業をメインに実施していきます。

■ミッション

「不動産とテクノロジーを通じて、誰もが快適に住み続けられるためのサービスを創り続ける」

■ビジョン

「ミッションのもと、社会に価値を与えられるまちづくりカンパニーとなる」

■バリュー

一、自ら当事者として正しいと言い切れる道を選択する
二、専門性を高め続けて、関わる人達の期待を超える
三、社会から信頼される企業と市民を目指す
四、地域に根ざした企業活動を行い、社会や経済の発展に貢献する
​五、国内に留まらずグローバル経営を行う

まだまだ、小さい会社でやらなければいけないことがたくさんあります。死ぬまで全力で、会社のミッション、ビジョンに恥じないように、前に進んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社サプライズコンシェルジュ

代表取締役 沖 祐生

■メディア掲載一覧(一部抜粋)

HUMAN STORY

中部経済新聞

Yahooニュース

朝日新聞デジタルマガジン

All About NEWS

iza(イザ!)

産経ニュース

財経新聞

@DIME(アットダイム)

名駅経済新聞

BEST TiMES(ベストタイムズ)

エキサイトニュース

Infoseekニュース

ウレぴあ総研

おたくま経済新聞

@niftyビジネス

ニコニコニュース

ORICON NEWS